野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

常勝ソフトバンクの課題…若手野手は宮崎での28日間でアピールできたのか?

3年連続日本一を目指す王者ソフトバンク。昨季はパ・リーグ2位に終わったものの、クライマックスシリーズ、日本シリーズと勝ち上がり2年連続の頂点に立った。2019年のペナント奪還は至上命令。工藤公康監督はじめ首脳陣、そして選手たちも、もちろんそのつもりで春のキャンプを過ごしていた。

成長が期待されるソフトバンク・周東佑京【写真:福谷佑介】
成長が期待されるソフトバンク・周東佑京【写真:福谷佑介】

工藤監督、アピール不足の若手に奮起促す「チャンスはそうそうない。打つ、打たないよりゲームに入って振れるか」

 3年連続日本一を目指す王者ソフトバンク。昨季はパ・リーグ2位に終わったものの、クライマックスシリーズ、日本シリーズと勝ち上がり2年連続の頂点に立った。2019年のペナント奪還は至上命令。工藤公康監督はじめ首脳陣、そして選手たちも、もちろんそのつもりで春のキャンプを過ごしていた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 例年通りソフトバンクは2月1日から宮崎・生目の杜運動公園でキャンプを張った。第1クール、第2クールにはいつも以上にランニングメニューに時間を費やし、体力強化に勤しんだ。キャンプは25日で打ち上げたものの、そのまま宮崎に滞在。28日までは「球春みやざきベースボールゲームズ」で楽天、西武、ロッテと3試合を戦った。

 この3試合は3連敗。この時期の結果にはさして意味はなく、工藤監督にも意に介す様子は一切なかった。とはいえ、特に気になったのは3戦目、28日に行われたロッテ戦だ。この日、ソフトバンクは柳田や内川、松田といった主力の多くは欠場。28日間の疲れを癒すために、早く帰福できるようにとの措置だった。スターティングラインナップには開幕1軍やレギュラー獲りを狙う面々が多く名を連ね、途中からは次代を担うべき若手たちも試合に出場した。

 この日の結果は0-2で敗戦。打線は1点も奪えず、マルチ安打と気を吐きアピールしたのは昨季広島からトレードで加入した美間だけ。主力の出場しない中で、若い選手たちにとっては絶好のアピールの場となるはずが、特段、光り輝く選手がいなかったのは、正直、残念だった。

 ロッテ戦後に工藤公康監督はこう語った。

「1試合ではなかなか難しいでしょうけど…。チャンスはそうそうない。そういうときに度胸を持って振っていかないといけないところはある。打つ打たないよりも、ゲームに入って振れるか、振れないかというところを我々は見ている。次に期待したいと思います」

この言葉を聞いた限り、指揮官も若手たちのプレーに満足感は示してはいなかった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」