ファン悲鳴!? 3冠王の“二刀流挑戦”映像に心配の声「怪我しないで」「何てことだ」

タイガースのミゲル・カブレラ【写真:Getty Images】
タイガースのミゲル・カブレラ【写真:Getty Images】

タイガース主砲カブレラが満面の笑みでマウンドから投球

 エンゼルス大谷翔平投手の影響か、メジャーで増殖しつつある投打の“二刀流”挑戦。エンゼルスだけでも大谷に加え、ケーレブ・コワート内野手、ジャレド・ウォルシュ内野手が正式に二刀流として始動しているが、なんとあの3冠王も二刀流挑戦に触手を伸ばしているようだ。あの3冠王とは、タイガースのミゲル・カブレラ内野手だ。

 マウンド上から得意満面にサイドスローで投げる男の姿を伝えたのは、タイガース公式ツイッターだ。1日(日本時間2日)の練習で、人もまばらな球場でマウンドに上がったカブレラは、ノーワインドアップの姿勢からサイドスローで軽々とキャッチャーに向かって投げ込んだ。してやったりとばかりに、満足そうな笑顔を浮かべて歩く映像に、「MVP、オールスター、シルバースラッガー、3冠王、そして今度は…」との言葉を添えて公開。すると、ファンから数多くのコメントが寄せられた。

「未来のサイ・ヤング賞投手?」「二刀流」「美しいフォーム。2019年のエース?」といった好意的なコメントがある一方で、大半を占めたのは、ここ数年は怪我がちで実力を発揮しきれていないベテランを心配する声だった。

「おぉ、ミギー。気をつけて、足や腕を怪我しないでね」
「こんなバカげたことしていたら、シーズン戦えないよ」
「絶望的だな」
「お願いだから気をつけて!」
「何てことだ…」

 開幕前のリラックスした雰囲気を伝えるための投稿で、心配するファンの気持ちを煽る形となってしまったタイガース。余裕がなくイラつくファンの反応こそが、今季のチーム状況を端的に表しているのかもしれない。

【動画】ファン悲鳴!?「怪我しないで」… カブレラの“二刀流挑戦”映像が話題

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY