野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 初球ストライク率70%…元Gマイコラスが誇る驚異の数字「彼以上の投手いない」

初球ストライク率70%…元Gマイコラスが誇る驚異の数字「彼以上の投手いない」

元巨人のマイルズ・マイコラス投手が、カージナルスと来季から4年総額6800万ドル(約76億1000万円)で契約延長に合意した。米復帰1年目の昨季は18勝(4敗)を挙げ、ナ・リーグ最多勝に。最大の武器は、200イニングに到達(200回2/3)しながら与四球数はメジャー最少の「29」というコントロールだった。

カージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】
カージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】

昨季最多勝のマイコラスは「容赦なくストライクを投げる」

 元巨人のマイルズ・マイコラス投手が、カージナルスと来季から4年総額6800万ドル(約76億1000万円)で契約延長に合意した。米復帰1年目の昨季は18勝(4敗)を挙げ、ナ・リーグ最多勝に。最大の武器は、200イニングに到達(200回2/3)しながら与四球数はメジャー最少の「29」というコントロールだった。積極的にストライクゾーンを攻めることで、メジャーの猛者たちを手玉に取った投球が、カージナルスの若手にとっても最高の教材になると米メディアが称えている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 昨季のマイコラスの9イニングあたりの与四球数はわずか「1.3」。もちろん、リーグトップの数字だった。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」は「マイルズ・マイコラスは容赦なくストライクを投げ、カージナルスの若手選手に良い例を示している」とのタイトルで特集を掲載。その投球スタイルが名門球団の若手投手に好影響を与えているという。

 特集に登場するのは、ジャック・フラハーティ投手。デビュー2年目の昨季、28試合登板で8勝9敗、防御率3.34という成績を残した23歳の右腕だ。

 記事では「ジャック・フラハーティはより効率的にアウトを取ることに取り組んでいる」と紹介。そして「チームメートのマイルズ・マイコラスが助けになる。アグレッシブなアプローチで素早くアウトを取ることに関して、メジャーリーグで彼以上の投手はいない。カージナルスもそれを認識していて、今週、彼と4年6800万ドルの契約延長をした」と、マイコラスを高く評価している。

 ジョン・モゼリアック編成本部長、オーナーのビル・デウィットJr.氏が称賛しているのは「マイコラスのリーダーシップの素質」だという。「チームメートの若手たちを成功へ導くためにマイコラスができることとして、完全に明らかなことがあり、それは容赦なくストライクを投げることを示すことである」。つまり、昨季のような投球を続けることだけでも、カージナルスの若手投手にはいい影響があるというのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」