野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム清宮が戦線離脱ー“おにぎり君”こと横尾俊建の覚醒に期待

日本ハムの清宮幸太郎内野手が4日、都内の病院で精密検査を受け、右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折と診断された。3日のDeNAとのオープン戦(札幌ドーム)の9回の第4打席でスイングした際に違和感を訴え、途中交代していた。今後の経過、見通しは未定。初めて選出されていた9、10日の侍ジャパン強化試合・メキシコ戦の出場も辞退した。

日本ハム・横尾俊建【写真:荒川祐史】
日本ハム・横尾俊建【写真:荒川祐史】

オープン戦では清宮を上回る打率.500、2本塁打、3打点をマーク

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が4日、都内の病院で精密検査を受け、右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折と診断された。3日のDeNAとのオープン戦(札幌ドーム)の9回の第4打席でスイングした際に違和感を訴え、途中交代していた。今後の経過、見通しは未定。初めて選出されていた9、10日の侍ジャパン強化試合・メキシコ戦の出場も辞退した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 栗山ハム、侍ジャパンの若手有望株が戦線離脱――。開幕戦は絶望的で3年ぶりの日本一を目指すチームにはショッキングなニュースとなったが、1軍定着、開幕スタメンを目指す選手たちにとってはチャンスとなるのは間違いない。まず、その筆頭として挙げられるのが大卒4年目の25歳、横尾俊建内野手だろう。

 横尾は2015年ドラフト6位で日本ハム入り。1年目こそ1軍10試合出場にとどまったが、17年50試合出場、昨季は74試合出場と着実に成績をアップ。昨季は打率.207、9本塁打、24打点をマークした。持ち味は高校通算58本塁打を記録した長打力だが、昨季は守備でも一塁(12試合)、二塁(31試合)、三塁(22試合)、外野(7試合)と多くのポジションを守った。複数ポジションをこなせるのは大きな魅力だろう。

 今春キャンプでは清宮幸太郎、台湾ラミゴから鳴り物入りで加入した王柏融の陰に隠れがちだったが、今春のオープン戦では猛アピールを続けている。2日のDeNAとのオープン戦(札幌ドーム)では7回1死二塁でバリオスから左越えへOP戦2試合連続弾。2月23日の広島との練習試合での一発を含めると、実戦3試合連続弾だった。ここまでオープン戦は3試合出場し、6打数3安打の打率.500、2本塁打、3打点。まだ試合数が少ないとはいえ、清宮の打撃3部門(打率.333、1本塁打、2打点)を全て上回っている。

 ニックネームは「おにぎり君」。本塁打後にはおにぎりを握る「おにぎりポーズ」を見せ、地元ファンから愛されている。日大三、慶大とアマチュア球界をエリートを走ってきた25歳の覚醒を期待したいところだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」