野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

二、三塁間に内野手3人配置―日ハムの“レアード・シフト”がハマる

日本ハムが6日、ロッテの新外国人、ブランドン・レアード内野手へ思い切ったシフトを敷いた。

「6番・三塁」でスタメン出場しているロッテのブランドン・レアード【画像:(C)PLM】
「6番・三塁」でスタメン出場しているロッテのブランドン・レアード【画像:(C)PLM】

オープン戦で16年本塁打王と初対決、3回1死一、二塁で三ゴロに仕留める

■日本ハム – ロッテ(オープン戦・6日・鎌スタ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムが6日、ロッテの新外国人、ブランドン・レアード内野手へ思い切ったシフトを敷いた。

 ロッテとのオープン戦で、昨季まで4年間所属したレアードと初対決。1点ビハインドの3回2死一、二塁で二塁・谷内が二塁ベース付近を守り、三塁・浅間はほぼ三塁線上。遊撃・中島は二、三塁間の中間に位置し、一、二塁間をガラリと空けた。

 投手の上沢は外角中心の配球。最後はフルカウントから外角スライダーを打たせた。三塁線上を守る浅間の正面に飛ぶ三ゴロとなった。

 16年に本塁打王に輝いた助っ人の打撃スタイル、力量は把握済み。オープン戦とはいえ、日ハムの“レアード対策”は万全のようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」