オリ福田、2戦連続適時打で開幕1番を“当確” 西村監督「らしくなってきた」

オリックス・西村徳文監督【写真:荒川祐史】
オリックス・西村徳文監督【写真:荒川祐史】

西村監督はオープン戦2試合連続で福田を1番に起用

■ヤクルト 5-4 オリックス(オープン戦・6日・京セラドーム)

 オリックスの福田周平内野手が開幕1番を“当確”させた。6日、ヤクルトとのオープン戦で「1番・遊撃」でスタメン出場すると2試合連続タイムリーを放つなど3打数1安打1打点と活躍。西村監督も「いいものを出している。ここにきて、らしくなってきた」と目を細めた。

 この日は2点を追う3回無死三塁から右前適時打。前日の同戦でも4打数2安打とリードオフマンとして存在感を発揮しOP戦打率は.429、得点圏打率は10割と勝負強さも見せつけている。

 オープン戦全2試合で福田を1番に起用した西村監督は「いいものを出している。ここにきて、らしくなってきた」と合格点を与え「1番が出ることで色んな攻撃を仕掛けることもできる。やっぱり1、2番の出塁が大事になる」と期待を込めた。

 今季は2年目にして異例となる主将に抜擢された福田が西村オリックスの命運を握るかもしれない。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY