野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍Jが19年初陣へ 稲葉監督は巨人岡本を4番に“指名”「もっと意識してほしい」

野球日本代表「侍ジャパン」は3月9日、10日に京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」に挑む。稲葉篤紀監督と初戦に先発することが決まったDeNA・今永昇太投手が8日、記者会見を行った。

記者会見に臨んだ侍ジャパン・稲葉監督【写真:福谷佑介】
記者会見に臨んだ侍ジャパン・稲葉監督【写真:福谷佑介】

9日のメキシコ戦の先発に指名されたDeNA今永

 野球日本代表「侍ジャパン」は3月9日、10日に京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」に挑む。稲葉篤紀監督と初戦に先発することが決まったDeNA・今永昇太投手が8日、記者会見を行った。

「プレミア12」にも出場へ 初めは「嫌」だった侍ジャパンで源田壮亮が得たもの(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 侍ジャパンにとって2019年初戦となる9日のメキシコ戦。稲葉監督は初陣のマウンドにDeNA・今永を指名し「チームに勢いを与える投球を期待します」と語った。

 また、4番についても言及。巨人の岡本和真内野手を指名し「昨年、日米でも1試合4番を打ってもらって、ジャパンをもっと意識してほしい。将来的にも本当の4番を目指してほしいという私の思いがある」と、若き大砲の成長にも期待した。

 対戦相手のメキシコについては「プレミア、オリンピックではライバルになるチーム。投打とも素晴らしい選手が多いが、力強いバッターが多い印象。どれだけ抑えることができるか楽しみにしている」と投手陣に期待を込めた。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」