野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

初侍オリ山岡が2回1安打無失点、3奪三振の好投 同僚メネセスには二塁打浴びる

侍ジャパンに初選出されたオリックスの山岡泰輔投手が地元・京セラドームで上々の侍デビューを飾った。

メキシコ戦に2番手としてマウンドにあがったオリックス・山岡泰輔【写真:Getty Images】
メキシコ戦に2番手としてマウンドにあがったオリックス・山岡泰輔【写真:Getty Images】

4回にはメネセスと“オリ対決”で右翼フェンス直撃の二塁打浴びる

■侍ジャパン – メキシコ(9日・京セラドーム)

クロマティ氏が明かす、米国から見た侍ジャパン「評価は高いものがあります」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 侍ジャパンに初選出されたオリックスの山岡泰輔投手が地元・京セラドームで上々の侍デビューを飾った。

 山岡は1点リードの3回から2番手としてマウンドへ。先頭のアギラルを中飛、ソリスを150キロの直球で空振り三振、ロバーソンも空振り三振に仕留め無失点。

 続く4回も先頭のペーニャを一ゴロ、V・メンドーサを二飛、オリックスで同僚のメネセスには右翼フェンス直撃の二塁打を浴びたが、続くフアレスをチェンジアップで空振り三振に仕留め予定された2イニングを無失点で切り抜けた。

 オリックスで3年目を迎える今季はすでに開幕投手に決定。「いい経験になれば」と語っていた若きエースが日の丸の舞台でも堂々のピッチングを見せつけた。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」