野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、逆転負け 2得点4併殺に稲葉監督反省「打順の組み方が良くなかった」

野球日本代表「侍ジャパン」は9日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」でメキシコ代表と対戦し、2-4で逆転負けを喫した。一時は2点のリードを奪った侍ジャパンだったが、7回に松永(ロッテ)が逆転を許した。

侍ジャパン・稲葉監督【写真:Getty Images】
侍ジャパン・稲葉監督【写真:Getty Images】

初回に吉田正、4回に甲斐が適時打放ち、一時は2点のリードを奪うも…

 野球日本代表「侍ジャパン」は9日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」でメキシコ代表と対戦し、2-4で逆転負けを喫した。一時は2点のリードを奪った侍ジャパンだったが、7回に松永(ロッテ)が逆転を許した。

クロマティ氏が明かす、米国から見た侍ジャパン「評価は高いものがあります」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 初回、吉田正(オリックス)が元日本ハム、阪神のメンドーサから中前適時打を放って1点を先制した。4回には先頭の吉田正、続く中村が連続四球で出塁してチャンスを作ると、甲斐が右前適時打を放って1点を加えた。

 先発の今永は初回、3者連続空振り三振の圧巻の立ち上がり。2回先頭のメネセス(オリックス)には左中間を破る二塁打を許したが、後続を抑えて2回無失点。2番手の山岡もメキシコ打線を2回1安打3奪三振無失点と続いた。

 だが、6回に3番手の高橋(ソフトバンク)が2死から四球とメネセス、フアレスの連打で1点を失うと、7回に4番手の松永が2点を失い、試合をひっくり返された。8回には梅野(ヤクルト)も1点を失い、リードを広げられた。

 侍ジャパン打線は5回以降、メキシコ投手陣の小刻みな継投の前に無得点。試合後の会見で稲葉篤紀監督は「まずは今日は先攻ということで1回に先制点が取れた。いい形で試合運び出来た。なかなか点が取れない、メキシコのピッチャーが良かったという中で、打順の組み方が良くなかったというのが反省点ですね。細かい継投を打ち崩すの難しい中でどう点を取っていこうかというところ。私自身の打順の組み方だったり反省点ばかりですね」と語り、自身の采配を悔いていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」