野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ新助っ人メネセス、4打数4安打 二塁打3本で侍返り討ち「適応できてきている」

野球日本代表「侍ジャパン」は9日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本対メキシコ」の第1戦を戦い、メキシコ代表に2-4で逆転負けを喫した。序盤に2点をリードしたが、中盤以降にリリーフ陣が4点を失って試合をひっくり返された。

メキシコの4番を務め、4安打と大活躍したオリックスのジョーイ・メネセス【写真:Getty Images】
メキシコの4番を務め、4安打と大活躍したオリックスのジョーイ・メネセス【写真:Getty Images】

二塁打3本、第4打席では4点目のホームを踏む

■メキシコ 4-2 侍ジャパン(9日・京セラドーム)

「向上心を掻き立てられた」 藤川球児氏がWBC連覇で学んだ勝負に徹する姿勢(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は9日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本対メキシコ」の第1戦を戦い、メキシコ代表に2-4で逆転負けを喫した。序盤に2点をリードしたが、中盤以降にリリーフ陣が4点を失って試合をひっくり返された。

 メキシコ代表打線を牽引したのが、今季オリックスに加入した新助っ人のメネセスだった。2回の第1打席で左中間を破る二塁打、4回の第2打席には右翼フェンス直撃の二塁打を放った。

 さらに6回2死一塁では中前安打でチャンスを広げ、反撃の1点に繋げた。8回の第4打席では中堅フェンス直撃の二塁打を放って、クルーズの二塁打で4点目のホームを踏んだ。今季から本拠地とする京セラドームで、驚異の4打数4安打と大暴れしてみせた。

 試合後、ダン・フィロバ監督と会見に出席したメネセスは「とても嬉しく思っているよ。日本に来て、日本の投手を相手に練習しているが、適応できてきている。いい感触になってきている。日本の投手はもちろんメキシコの投手とは投げ方は違う。でも、野球は野球。ストライクを捉えて打つことだけを心がけている」と、大活躍に胸を張っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」