野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン4番・巨人岡本、3打数無安打と快音響かず 「収穫はなかった」

野球日本代表「侍ジャパン」は9日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」でメキシコ代表と対戦し、2-4で逆転負けを喫した。4番を務めた巨人・岡本和真内野手は小刻みな継投の前に3打数無安打に終わった。

侍ジャパンの4番を務めた巨人・岡本和真【写真:Getty Images】
侍ジャパンの4番を務めた巨人・岡本和真【写真:Getty Images】

メキシコの小刻みな継投の前に3打数無安打、2三振に終わる

■メキシコ 4-2 侍ジャパン(9日・京セラドーム)

「何歳になっても選ばれたい」 今永昇太が感じる「侍ジャパン」での成長(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は9日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」でメキシコ代表と対戦し、2-4で逆転負けを喫した。4番を務めた巨人・岡本和真内野手は小刻みな継投の前に3打数無安打に終わった。

 初回の第1打席は四球、3回の第2打席は空振り三振に倒れるなど若手主体のメンバー構成となったジャパンの4番に快音は響かなかった。

 3打数無安打2三振に倒れ試合後は「収穫はなかった」と厳しい表情。小刻みな継投でタイミングを狂わされたが「そういうのを対応していかなきゃいけない。短期決戦ならころころ(投手は)変わる。自分への勉強です」と課題を口にした。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」