野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン先発原樹理は2回1安打無失点の好投 遊撃吉川が美技で盛り立てる

野球日本代表「侍ジャパン」は10日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」でメキシコ代表と第2戦を戦った。先発マウンドを託された原樹理投手(ヤクルト)は2回1安打無失点の好投を見せた。

メキシコ戦第2戦に先発登板したヤクルト・原樹理【写真:Getty Images】
メキシコ戦第2戦に先発登板したヤクルト・原樹理【写真:Getty Images】

吉川は2回2死でペレスの三遊間のゴロを逆シングル捕球→ランニングスロー

■侍ジャパン – メキシコ(10日・京セラドーム)

クロマティ氏が明かす、米国から見た侍ジャパン「評価は高いものがあります」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は10日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」でメキシコ代表と第2戦を戦った。先発マウンドを託された原樹理投手(ヤクルト)は2回1安打無失点の好投を見せた。

 初の侍ジャパン選出となった原が危なげない投球を見せた。初回、先頭のロドリゲス、続くアギラルを遊ゴロに打ち取る。3番のV・メンドーサには左前安打を許すも、前日4打数4安打と大活躍だったオリックス新助っ人のメネセスを中飛に仕留め、無失点の立ち上がりを見せた。

 2回もフアレス、エルナンデスを難なく打ち取り、2アウトとすると、ペレスの打球は三遊間へのゴロに。これを遊撃の吉川(巨人)がショートバウンドで逆シングルキャッチ。そのままランニングスローに移る美技でアウトに仕留めた。原は2回1安打無失点。バックの好守もあり、安定した投球でアピールに成功した。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」