野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン稲葉監督、新4番吉田正に脱帽「あの一発が勝ちに。素晴らしい打球」

野球日本代表「侍ジャパン」は10日、京セラドームで行われた「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」でメキシコ代表と第2戦を戦い6-0で勝利した。初回に新4番の吉田正尚が満塁弾を放つなど大量5得点のビッグイニング。投手陣の無失点リレーで逃げ切った。

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】
侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】

新4番吉田が満弾5打点、投手が無失点リレー

■侍ジャパン 6-0 メキシコ(10日・京セラドーム)

クロマティ氏が明かす、米国から見た侍ジャパン「評価は高いものがあります」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は10日、京セラドームで行われた「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」でメキシコ代表と第2戦を戦い6-0で勝利した。初回に新4番の吉田正尚が満塁弾を放つなど大量5得点のビッグイニング。投手陣の無失点リレーで逃げ切った。

 第1戦では2-4で敗れたものの、第2戦では6-0で完封勝ち。試合後の稲葉監督は上機嫌だった。

「昨日は若い力で負けてはしまったが、(第2戦は)切り替えてやろうと。選手たちが精一杯やってくれました」

 4番の吉田が初回に満塁弾を放つと、7回にはダメ押し犠飛。2打数2安打5打点。第1戦と合わせ、5打数4安打6打点と大暴れした。

「つなぐ意識を持って、吉田選手の一発。あの一発が勝ちにつながりました。素晴らしい打球だなと。打った瞬間、いけーと叫んでしまいましたけど、普通に入ってましたね」

 投げては先発の原樹理が2回1安打無失点。山本由伸、田口麗斗、三上朋也、森原康平、森唯斗、山崎康晃で完封リレーを飾った。

「四球もなく、投手が持ち味を出して抑えてくれたと思います」

 11月には世界野球プレミア12、20年には東京五輪が控えている。

「いろんな反省点もありましたし、たくさん収穫の多かった2試合です。とにかくこの秋にはプレミアがありますし、東京五輪では絶対に金メダルをとらないといけない。まずはシーズンを戦って、ここにつなげてくれればと思います」

 指揮官は力強く金メダル奪取を宣言した。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」