野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍の4番オリ吉田にメキシコ代表監督も脱帽「アメリカのチームが取りたいと…」

野球日本代表「侍ジャパン」は10日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」を戦い、メキシコ代表に6-0で勝利した。4番を任された吉田(オリックス)が初回に満塁弾を放つなど、2安打5打点と活躍し、勝利に導いた。

満塁弾含む5打点と大活躍したオリックス・吉田正尚【写真:Getty Images】
満塁弾含む5打点と大活躍したオリックス・吉田正尚【写真:Getty Images】

メキシコのフィロバ監督も称賛「コンタクトも、スイングもいい」

■侍ジャパン 6-0 メキシコ(10日・京セラドーム)

育成年代にもトップチームにも共通― 斎藤雅樹氏が考える、国際大会で選手に必要な要素とは(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は10日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」を戦い、メキシコ代表に6-0で勝利した。4番を任された吉田(オリックス)が初回に満塁弾を放つなど、2安打5打点と活躍し、勝利に導いた。

 敗れたメキシコ代表のダン・フィロバ監督も、吉田に脱帽だった。この2試合で吉田は打率.800、1本塁打6打点と結果を残した。試合後の公式記者会見で吉田について「すごくいい選手だった。コンタクトもいいし、スイングもいい」とほめたたえると「アメリカでプレーしている選手かい?」と逆質問。日本でプレーしていると聞かされると「アメリカのチームが取りたいと言っているんじゃないか?」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」