野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大は高めに直球を投げるべき!? NYメディア“進言”、「メリット」は…?

田中将大は高めに直球を投げるべき!? NYメディア“進言”、「メリット」は…?

今季、2年ぶり4度目の開幕投手を務めることが決まったヤンキースの田中将大投手。デビューから5年連続12勝以上と先発ローテーションを支えているが、そんな日本人右腕について米野球専門サイト「リバー・アベニュー・ブルース」が特集を掲載した。「マサヒロ・タナカと、高めの直球をもっと投げることの潜在的メリット」とのタイトルで、高めへの直球を使うべきだと“進言”している。

ヤンキース・田中将大【写真:田口有史】
ヤンキース・田中将大【写真:田口有史】

高め直球は多く空振りを奪い、出塁や失点を許す可能性が低いというデータも

 今季、2年ぶり4度目の開幕投手を務めることが決まったヤンキースの田中将大投手。デビューから5年連続12勝以上と先発ローテーションを支えているが、そんな日本人右腕について米野球専門サイト「リバー・アベニュー・ブルース」が特集を掲載した。「マサヒロ・タナカと、高めの直球をもっと投げることの潜在的メリット」とのタイトルで、高めへの直球を使うべきだと“進言”している。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 田中将大を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 記事では、ここ何年もの間、田中はヤンキースの「アンチファストボール哲学の代表格であった」と言及。スプリットとスライダーが最大の武器で、「直球は明らかに彼の3番目の球種」だとして、変化球に的を絞らせないために投げるだけであると紹介している。

 球団内では、ルイス・セベリーノとジェームス・パクストンがすでに高めの直球を多く使っており、ベテランのJA・ハップ、シンカーを投げるザック・ブリトン以外のリリーフ陣もそうだという。ただ、「タナカには、ヤンキースの他のどの投手よりも、高めの直球を投げるメリットがあるのではないかと思う」と指摘。なぜか。

 特集では、ストライクゾーンを高め、真ん中、低めの3つに分けると、高めの直球は低めの直球よりも多く空振りを奪い、出塁や失点を許す可能性が低いと紹介。現在では、多くの先発投手がラインナップの2順目までしか投げないため、球数を抑えることは最優先ではなく、低めの直球でゴロを打たせて素早くアウトを取るのは「時代遅れの戦略」であるとしている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」