大谷翔平が投打でリハビリ 指揮官は慎重「予定がはっきりしたら教える」

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

投でキャッチボール57球、打で置きティー&ソフトトス

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、米アリゾナ州テンピで投打でリハビリを行った。キャッチボールでは最大50フィート(約15メートル)の距離をとって20球を投げるなど計57球。打撃では置きティーを10球、下から投げてもらうティー打撃「ソフトトス」を25球打った。

 チームは大谷の4月中の復帰を見込んでいない。オースマス監督は屋内での打撃練習など今後の予定について「分かり次第教えるよ。彼の予定がはっきりしたら教える」と慎重だった。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY