野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリドラ2頓宮が広島大瀬良から先制2ラン! 自画自賛の一発「うまく打てた」

オリックスのドラフト2位ルーキー・頓宮裕真内野手が16日、広島とのオープン戦で相手エース・大瀬良から先制2ランを放った。

136キロのカットボールを左翼席へ運んだドラフト2位ルーキー・頓宮

■広島 – オリックス(オープン戦・16日・マツダスタジアム)

【PR】オープン戦をライブ中継&見逃し配信 オリックス戦を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスのドラフト2位ルーキー・頓宮裕真内野手が16日、広島とのオープン戦で相手エース・大瀬良から先制2ランを放った。

 この日は「3番・三塁」でスタメン出場。両チーム無得点で迎えた3回。1死一塁で迎えた第2打席で広島のエース・大瀬良が投じた136キロのカットボールを強振すると打球は左翼席へ飛び込む先制の2号2ランとなった。

 広島のエースから完璧な一発を放った頓宮は「外のストレートを待っていたんですが、うまく前でひろうことができました。ヘッドも効いていましたし、うまく打てたと思います」とコメント。

 この試合までオープン戦9試合に出場し打率.290、1本塁打、5打点の成績を残していたルーキー。昨季セ・リーグ王者のエースから一発を放ち開幕スタメンに向け絶好のアピールとなった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」