野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人が亀井満塁弾&ビヤヌエバOP戦初打点で勝利 ヤクルト原は4回5安打4四死球で7失点

巨人は16日、神宮球場でヤクルトとオープン戦を戦い、8-7で勝利した。初回に亀井が満塁本塁打を放つなど大量5点を先制。新助っ人のビヤヌエバがオープン戦初打点をマークした。

先発の高田が2失点、野上も2失点

■巨人 8-7 ヤクルト(オープン戦・16日・神宮)

【PR】オープン戦をライブ中継&見逃し配信 プロ野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 巨人は16日、神宮球場でヤクルトとオープン戦を戦い、8-7で勝利した。初回に亀井が満塁本塁打を放つなど大量5点を先制。新助っ人のビヤヌエバがオープン戦初打点をマークした。

 初回、先頭の吉川尚が二塁打で出塁すると、坂本が四球で繋ぎ、丸の中前適時打で先制。さらに岡本が四球で続き、亀井が右翼スタンドへのグランドスラムを放った。3回には丸が中前安打で出塁し、1死二、三塁でビヤヌエバが左前へ2点適時打を放ち、待望のオープン戦初打点をあげた。

 先発の高田は3回を投げて2安打3四球で2失点。2番手田原が1失点、3番手の野上も3回5安打2失点。9回には5番手の桜井、吉川光がつかまって1点差まで迫られ、投手陣はピリっとしなかった。

 ヤクルトは先発の原が乱調で開幕に不安を残す結果に。4回を投げて5安打4四死球と制球が乱れ、7失点。オープン戦防御率は12.86となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」