野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルト、ローテ候補2人に明暗 原樹理が3回7失点、高橋奎二は4回1失点

ヤクルトの先発ローテ候補2人の明暗が分かれた。16日に神宮球場で行われた巨人とのオープン戦。先発した原樹理投手は初回に亀井に満塁弾を浴びるなど4回7失点と炎上。一方、6回から登板した4年目の高橋奎二投手は、9回まで坂本のソロアーチ1点に抑え、4回5安打1失点と結果を残した。

ヤクルト・原樹理(左)と高橋奎二【写真:荒川祐史】
ヤクルト・原樹理(左)と高橋奎二【写真:荒川祐史】

高橋奎は足を高く上げるフォームに挑戦「上体が突っ込むので」

■巨人 8-7 ヤクルト(オープン戦・16日・神宮)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ヤクルトの先発ローテ候補2人の明暗が分かれた。16日に神宮球場で行われた巨人とのオープン戦。先発した原樹理投手は初回に亀井に満塁弾を浴びるなど4回7失点と炎上。一方、6回から登板した4年目の高橋奎二投手は、9回まで坂本のソロアーチ1点に抑え、4回5安打1失点と結果を残した。

 ライアンこと小川泰弘投手ばりに足を高く上げるフォームに挑戦した高橋奎。小川淳司監督も「足を上げてボールが少し生きてきた」と評価し、高橋自身も「上体が突っ込むので投球練習でやってみた」という新フォームに手応えを感じた。

 対戦を楽しみにしていたという巨人の4番岡本をチェンジアップで空振り三振に取った。「スライダーをもっと良くして、原点の外角ストレートをもっと磨きたい」とローテ定着に意気込んだ。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」