野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元Gマイコラス、練習試合で6回5失点と開幕へ向け課題 「速球の制球をすぐに調整」

元Gマイコラス、練習試合で6回5失点と開幕へ向け課題 「速球の制球をすぐに調整」

今シーズン開幕投手を務める元巨人、カージナルスのマイルズ・マイコラス投手。18日(日本時間19日)、マーリンズとの練習試合に登板し6回12安打5失点と開幕に向け課題を残した。米メディアが伝えている。

カージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】
カージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】

ストレートを課題に「速球の制球に少しムラがあった」

 今シーズン開幕投手を務める元巨人、カージナルスのマイルズ・マイコラス投手。18日(日本時間19日)、マーリンズとの練習試合に登板し6回12安打5失点と開幕に向け課題を残した。米メディアが伝えている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 マイコラスは昨年、18勝4敗、防御率2.83でナ・リーグ最多勝のタイトルを獲得。圧倒的な成績を残した右腕はすでに3月28日(日本時間29日)、敵地で迎えるブルワーズとの開幕戦で先発することが決まっている。

 この日は制球を乱し6イニング計12安打5失点と開幕に向け課題を残した。米メディア「チェロキートリビューン」は試合後のマイコラスのコメントを紹介。

「速球の制球に少しムラがあった。左打者に対する投球に課題があった。カーブとスライダーの制球はとてもよかった。何点か得点を許したけど、投球がそれほど酷いものだとは感じなかった。自分が良いと思った球に対して打者がいいスイングをしてきた」

 マイコラスはストレートの制球が開幕に向けた課題であることを口にしている。それでもカーブ、スライダーなど変化球を交え無四球と手応えも感じているようで「全体的に良かったと思う。良い感触が持てた。変化球の制球が良かったし。速球の制球はすぐに戻す必要がある」。昨年の最多勝右腕は微調整を行い開幕のマウンドに上がる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」