野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • トラウト、米スポーツ史上最高の総額480億円契約も…米紙「それでも安い」

トラウト、米スポーツ史上最高の総額480億円契約も…米紙「それでも安い」

エンゼルスとマイク・トラウト外野手が12年総額4億3000万ドル(約479億5000万円)の超大型契約に合意したと米複数メディアが報じた。メジャーNO1プレーヤーは2020年まで2年総額6650万ドル(約74億1500万円)の契約を残しており、これに10年総額3億6350万ドル(約405億3500万円)が上乗せされた形。米スポーツ史上最高総額での歴史的な契約となったものの、米メディアは「それでも安いくらい」と伝えている。

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】
エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】

メジャーNO1プレーヤーの価値は絶大「金額は依然として非常に少ないまま」

 エンゼルスとマイク・トラウト外野手が12年総額4億3000万ドル(約479億5000万円)の超大型契約に合意したと米複数メディアが報じた。メジャーNO1プレーヤーは2020年まで2年総額6650万ドル(約74億1500万円)の契約を残しており、これに10年総額3億6350万ドル(約405億3500万円)が上乗せされた形。米スポーツ史上最高総額での歴史的な契約となったものの、米メディアは「それでも安いくらい」と伝えている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 メジャーではこの1か月で大型契約が次々と誕生。マニー・マチャド内野手がパドレスと10年総額3億ドル(約334億4700万円)で契約し、FA史上最高契約総額を更新すると、ブライス・ハーパー外野手はフィリーズと13年総額3億3000万ドル(約376億5000万円)でサイン。マチャドの記録だけでなく、2014年オフにジャンカルロ・スタントン外野手(ヤンキース)が当時所属していたマーリンズと結んだ13年3億2500万ドル(約362億4100万円)をも塗り替えて、米スポーツ史上最高総額となっていた。

 トラウトはこれらの記録を全て更新。年平均でもザック・グリンキー投手(ダイヤモンドバックス)の3440万ドル(約38億3500万円)を上回り、史上最高の約3583万ドル(約40億円)となった。

 まさに天文学的とも言える額だが、米紙「ワシントン・ポスト」は「球界で4億3000万ドル稼ぎ出すマイク・トラウトは、それでも安いくらいだ」とのタイトルで特集。これほどの金額でも、メジャー最強選手の価値には見合わないという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」