野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • メジャーデビューの菊池雄星、2回まで無失点 3奪三振1四球無安打の好投

メジャーデビューの菊池雄星、2回まで無失点 3奪三振1四球無安打の好投

マリナーズの菊池雄星投手が21日、「2019 MGM MLB日本開幕戦」第2戦(東京ドーム)でメジャーデビューを果たした。初回は3者凡退の好スタートを切ると、2回も無失点。初回にはライトへのフライを「9番・右翼」で2試合連続スタメンのイチロー外野手が捕球する場面もあった。

メジャー初登板初先発を迎えたマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
メジャー初登板初先発を迎えたマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

初回は3者凡退の好スタート、2回は走者を出すも無失点

■アスレチックス – マリナーズ(21日・東京ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 菊池雄星を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 マリナーズの菊池雄星投手が21日、「2019 MGM MLB日本開幕戦」第2戦(東京ドーム)でメジャーデビューを果たした。初回は3者凡退の好スタートを切ると、2回も無失点。初回にはライトへのフライを「9番・右翼」で2試合連続スタメンのイチロー外野手が捕球する場面もあった。

 初回、メジャー初球は146キロ直球でストライクを奪った菊池。フルカウントから一塁方向へのボテボテのゴロは難しい打球も、菊池は猛然とダッシュして自らベースを踏んだ。2番チャップマンは低めへのワンバウンドのスライダーで空振り三振。3番ピスコッティはフルカウントから146キロ直球を投じると、右翼へのフライをイチローがガッチリとつかみ、3者凡退の好スタートを切った。

 2回は昨季本塁打王の先頭デービスにフルカウントから四球を与えるも、ピンダーはスライダーで空振り三振。オルソンは鋭い打球もシフトで二塁ベース寄りに守っていたゴードンが滑り込んで捕球する美技でニゴロ。さらに、最後はプロファーを空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」