野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー殿堂入りは「議論の余地もない」 米メディア「最初の10年だけで十分」

イチロー殿堂入りは「議論の余地もない」 米メディア「最初の10年だけで十分」

21日のアスレチックス戦(東京ドーム)を最後に現役を引退したマリナーズのイチロー外野手。メジャー通算3089安打、日米通算では“世界最高”の4367安打を放ってきた背番号51は、米国野球殿堂入りも期待されているが、米メディアは「(殿堂入りには)最初の10年だけで十分」だと称賛。殿堂入り自体については「議論の余地もない」ほど確実だと指摘している。

現役引退を表明したマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】
現役引退を表明したマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】

全盛期の凄まじい成績に再脚光「10年前に引退しても余裕で殿堂入り」

 21日のアスレチックス戦(東京ドーム)を最後に現役を引退したマリナーズのイチロー外野手。メジャー通算3089安打、日米通算では“世界最高”の4367安打を放ってきた背番号51は、米国野球殿堂入りも期待されているが、米メディアは「(殿堂入りには)最初の10年だけで十分」だと称賛。殿堂入り自体については「議論の余地もない」ほど確実だと指摘している。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 米メディア「スポーティング・ニュース」は「イチロー・スズキは19シーズンを過ごしたが、殿堂入りは最初の10年だけで十分だ」とのタイトルで特集を掲載。冒頭で「イチロー・スズキは殿堂入りが期待されている人だ。それには本当に議論の余地などない」と断言している。

 イチローはメジャー19シーズンで2653試合に出場し、3089安打を放ってきたが、最初の10年間は特に強烈だった。デビューイヤーの2001年に首位打者と盗塁王に輝き、史上2人となる新人王とMVPのダブル受賞という偉業を達成。10年連続200安打&オールスター出場&ゴールドグラブ受賞と圧倒的なプレーを見せ続けた。

 記事では「注目すべきは、もし彼が10年前に引退していたら、余裕で殿堂入りしていただろうということだ」と言及。2011年以降、特にマリナーズを2012年途中に出てからは起用法の変化などもあって、200安打や打率3割を1度も達成できなかっただけに「イチローの2011年以降の成績は素晴らしくはない」とはっきり指摘している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」