野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元阪神助っ人は逆境…ツインズの「2人のロサリオ」に明暗「違う世界にいる」

元阪神助っ人は逆境…ツインズの「2人のロサリオ」に明暗「違う世界にいる」

昨季限りで阪神から自由契約となったウィリン・ロサリオ内野手は、ツインズとマイナー契約を結び、招待選手として今春のメジャーキャンプに参加している。だが、オープン戦は4試合出場で5打数1安打の打率.200と苦戦。一方で、ツインズには同じ姓を持つエディ・ロサリオも在籍しており、オープン戦15試合に出場し打率.356と好調。エディは今や主軸打者で、「ツインズのロサリオ」は明暗が別れている。

昨季阪神に在籍したツインズのウィリン・ロサリオ【写真:荒川祐史】
昨季阪神に在籍したツインズのウィリン・ロサリオ【写真:荒川祐史】

地元紙が特集「ツインズの2人のロサリオは近くだが違う世界にいる」

 昨季限りで阪神から自由契約となったウィリン・ロサリオ内野手は、ツインズとマイナー契約を結び、招待選手として今春のメジャーキャンプに参加していた。だが、オープン戦は4試合出場で5打数1安打の打率.200と苦戦。一方で、ツインズには同じ姓を持つエディ・ロサリオも在籍しており、オープン戦15試合に出場し打率.356と好調。エディは今や主軸打者で、「ツインズのロサリオ」は明暗が分かれている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ツインズの地元紙「スター・トリビューン」は、「ツインズの2人のロサリオは近くだが違う世界にいる」とのタイトルで特集を掲載。2人の現状について伝えており、その中で元阪神のロサリオがロッキーズでプレーしていた時代、多くの投手が捕手としてのプレーに「文句を言っていた」ことなどを紹介している。

 記事ではまず「5年前、エディは出場停止を受け、ウィリンはメジャーの正捕手だった。現在、エディはツインズで最高の選手かもしれないが、ウィリンはチームに留まることを目指している」と言及。2015年当時と現在とでは、2人のロサリオの立場が逆転してしまったという事実に言及している。

 元阪神のウィリンは、23歳だった2012年にロッキーズで正捕手の座を奪取。その年に100試合先発出場、28本塁打、71打点という好成績を残した。ウィリンはここから3年間、レギュラーとして活躍。「2014年1月の時点で、このドミニカ共和国出身のがっちりした若手捕手には、長くて稼げるメジャーリーグのキャリアが待っているように思われた」。まさに将来を嘱望される存在だった。

 一方で、当時22歳のプエルトリコ出身のエディは、マイナー時代の2014年1月に禁止薬物の陽性反応が出て、50試合の出場停止になったと記事では回顧している。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」