野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテドラ1藤原、開幕1軍入りの心境明かす 「やっとスタートラインに立てた」

ロッテのドラフト1位ルーキー・藤原恭大外野手は28日、前田幸長氏以来、球団高卒新人では30年ぶりとなる開幕1軍入りを果たした。チームの全体練習終了後、開幕戦前日の心境などを語った。

ロッテ・藤原恭大【写真:安藤かなみ】
ロッテ・藤原恭大【写真:安藤かなみ】

井口監督は成長を評価「どんどん1軍に順応していった」

 ロッテのドラフト1位ルーキー・藤原恭大外野手は28日、前田幸長氏以来、球団高卒新人では30年ぶりとなる開幕1軍入りを果たした。チームの全体練習終了後、開幕戦前日の心境などを語った。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「1軍に残りたい」との思いで、ここまでアピールを続けてきた藤原。「昨日よりも緊張感が出てきました」と、間近に迫った開幕戦を肌で感じているようだ。

 井口監督は「ゲームを重ねていくうちに、どんどん1軍に順応していった」と、オープン戦での藤原の成長が開幕1軍入りの決め手になったと語り、「特に走ること、守備に関しては、しっかり結果を出してくれたので、本当に1軍の戦力として残しました」と、高卒ルーキーを“戦うための必要なコマ”として、手元に置いておく決断をした。

 開幕戦でのスタメン器用について、井口監督は明言を避けていたものの「まぁ、見ることも勉強。チャンスがあれば使っていきたい」と、スタメンでの起用は微妙な状況。藤原自身、起用については「与えられた役割で、その状況に応じてしっかりやっていきたい。そんなに自信はないので、どのプレーでも全力でやりたいと思っています」と、どういう形であっても、その時にできることに全力を注ぐつもりだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」