DeNA、筒香2安打5打点&今永8回0封で勝利 中日は田島6失点など救援陣炎上

中日は先発笠原が5回無失点も打線援護できず

■DeNA 8-1 中日(29日・横浜スタジアム)

 DeNAが終盤の猛攻で開幕戦を制した。29日、本拠地横浜スタジアムでの中日戦。両チーム無得点で迎えた7回に筒香の2点タイムリーで先制し、8回に大量6得点。8-1で白星発進に成功した。

 今永の力投に応えた。開幕投手を託された左腕は中日打線を8回まで散発5安打、11個の三振を奪う圧巻の投球を披露。すると打線は7回、2死満塁で筒香が中前へ2点適時打を放って2点を先制した。さらに8回には筒香の3ランなどで大量6点を加えてリードを広げ、9回は守護神・山崎が1点を失うも試合を締めた。

 中日は初の開幕投手となった笠原が5回無失点と好投したが、2番手の又吉が回跨ぎとなった7回につかまってピンチを招くと、3番手の谷元が筒香に先制の適時打を浴びた。さらに8回には4番手の田島が5安打を集められて大量6失点を喫し、大敗した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY