野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム中田、直前に2人連続申告敬遠で「なめてるのかな」 怒りの劇的サヨナラ満塁弾

日本ハムの中田翔内野手が29日、開幕戦オリックス戦で劇的なサヨナラ満塁弾を放った。延長10回、直前の打者が2人連続で申告敬遠されると、左中間に突き刺す豪快弾。試合後にはお立ち台で「なめてるんじゃないかと思った」と振り返り、球場の爆笑を誘った。

日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】
日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】

開幕戦の延長10回に劇的な一発「すごく気合が入りました」

■日本ハム 7-3 オリックス(29日・札幌ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの中田翔内野手が29日、開幕戦オリックス戦で劇的なサヨナラ満塁弾を放った。延長10回、直前の打者が2人連続で申告敬遠されると、左中間に突き刺す豪快弾。試合後にはお立ち台で「なめてるんじゃないかと思った」と振り返り、球場の爆笑を誘った。

 10回。日本ハムは先頭・中島卓が好走塁で岩本から二塁打を放つと、犠打で三塁へ。すると、オリックスは西川、近藤の2人を連続の申告敬遠で歩かせた。1死満塁。中田は3球目をレフトファウルゾーンに打ち上げるも、小田は捕球せず。カウント2-2となってから左中間へ今季1号の豪快なサヨナラ満塁弾を叩き込んだ。

 札幌ドームが熱狂に包まれるなか、ダイヤモンドを一周した中田は、生還後にチームメートの歓喜のシャワーを浴びた。日ハムにとっては4年ぶりの開幕戦勝利となった。

 試合後のお立ち台、中田は「ベンチに座っている段階で2人連続で敬遠あると思っていたので、しっかり準備はしてました」と冷静に振り返ったが、その直後に「申告敬遠2人連続であるとは持ってたんですけど、実際に目の前で見たらすごく『なめてるのかな』と思いまして、すごく気合が入りました」と話し、札幌ドームはどっと沸いた。

 頼れる4番の劇的な満塁弾で白星発進。「最終的にああいう場面を作ってれたチームメートに感謝したいと思います」と同僚への気遣いも忘れなかった主将は「今日みたいな試合をシーズン最後まで1試合でも多くファンの皆さんに見せられたらいいなと思いますんので、声援よろしくお願いします」と話した。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」