野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元近鉄ローズ、MLBでの伝説に再脚光 25年前の開幕3発は「どれもミサイル」

元近鉄ローズ、MLBでの伝説に再脚光 25年前の開幕3発は「どれもミサイル」

カブスのハビアー・バエス内野手が28日(日本時間29日)、敵地レンジャーズ戦で2本塁打を放ち、チームを12-4での勝利に導いた。開幕戦で複数本塁打を放ったのは、カブス史上7人目。この快挙で、1994年の開幕戦で3本塁打を放った元NPB助っ人のタフィー・ローズの“伝説”が再び脚光を浴びている。

カブスなどに在籍したタフィ・ローズ【写真:Getty Images】
カブスなどに在籍したタフィ・ローズ【写真:Getty Images】

1994年の開幕戦で「ドクターK」から3本塁打、バエスは「ローズの領域に突入」

 カブスのハビアー・バエス内野手が28日(日本時間29日)、敵地レンジャーズ戦で2本塁打を放ち、チームを12-4での勝利に導いた。開幕戦で複数本塁打を放ったのは、カブス史上7人目。この快挙で、1994年の開幕戦で3本塁打を放った元NPB助っ人のタフィー・ローズの“伝説”が再び脚光を浴びている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 バエスは「4番・遊撃」でスタメン出場すると、2点を追う4回にマイナーから追撃のソロ弾。その後、カブスが逆転すると、バエスが4-2で迎えた5回にもチャベスから3ランを放ち、大量リードをもたらした。

 地元メディア「NBCスポーツ・シカゴ」の公式ツイッターは「ハビアー・バエスが開幕戦で複数本塁打を放ったカブスの6選手のリストに仲間入り」と投稿。過去には「2003年のコーリー・パターソン、1994年のタフィー・ローズ、1969年のアーニー・バンクス、1950年のアンディー・パフコ、1936年のフランク・デマリー、1927年のアール・ウェブ」の6人で、3本塁打を放ったのはローズだけだという。

 しかも、その内容がすごい。ESPNのティム・カージャン記者は「1994年の開幕戦、カブスのタフィー・ローズが3本塁打を放った。そして、それら3本とも全て、メッツのドワイト・グッデンからだった。『その3本はどれもミサイルのようだった』とカブスのダン・プレサック投手が語った。ローズは日本でスターになったが、メジャーでのキャリアは13本塁打で幕を閉じた」と詳細を紹介。ローズが3発を浴びせた相手は、1984年に新人王、翌85年にサイ・ヤング賞に輝き、デビューから2年連続で奪三振王に輝くなど「ドクターK」の異名をとったグッデンだった。

 シカゴの地元局「WGN」のラリー・ホウリー記者はツイッターで「というわけでバエスはタフィー・ローズの領域に突入することになった。それは信じられないほどエキサイティングなことだ。あのランダムな開幕戦での活躍から25年が経とうとしているのか」と回顧。さらに、過去の6人を紹介していた「NBCスポーツ・シカゴ」の公式ツイッターは「カブス史上で開幕戦にタフィー・ローズを上回るパフォーマンスをしたのは誰か? 開幕戦にリグレーフィールドでメッツを相手に放った本塁打は、1本でも2本でもなく、3本だ」と、ローズの“偉業”を改めて称えている。

 日本では、近鉄時代の2001年に55本塁打を放つなど、4度のホームランキングに輝き、巨人、オリックスも含めた3球団で通算464本塁打をマークしたNPB史に名を残す“最強助っ人”。メジャーではキャリア13本塁打に終わったものの、25年前の伝説は今でも語り継がれている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」