野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

また“甲斐キャノン”炸裂! 源田に続き外崎も刺して2連続盗塁阻止

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、また刺した。30日、ヤフオクドームでの西武戦。5回に源田の盗塁を阻止した“甲斐キャノン”が6回にも外崎の盗塁を阻止し、2連続盗塁阻止とした。

5回に源田を刺すと、6回には外崎の盗塁を阻止

■ソフトバンク – 西武(30日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、また刺した。30日、ヤフオクドームでの西武戦。5回に源田の盗塁を阻止した“甲斐キャノン”が6回にも外崎の盗塁を阻止し、2連続盗塁阻止とした。

 圧巻のスローイングは、今季も他球団の脅威となりそうだ。5回2死一塁で盗塁を狙った源田を阻止した甲斐。つづく6回にも、再びその“キャノン砲”が炸裂した。

 この回からマウンドに上がった川原が先頭の森に四球を与え、走者を背負った。続く外崎の遊ゴロで走者が入れ替わり、栗山への3球目で外崎がスタートを切った。ボールを受けた甲斐は捕球前に左足を一歩踏み出してからスローイングに移行すると、見事なストライク送球。間一髪のタイミングだったが、見事に走者を刺し、6年ぶりの1軍登板となった左腕を救った。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」