野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 抑えが痛恨被弾で初勝利お預けも…指揮官は菊池雄星を称賛「満足している」

抑えが痛恨被弾で初勝利お預けも…指揮官は菊池雄星を称賛「満足している」

マリナーズの菊池雄星投手が29日(日本時間30日)、本拠地&米国デビュー戦で昨季世界一のレッドソックス相手に6回4安打3失点(自責2)5奪三振無四球と好投。強力打線を抑えて試合を作ったものの、9回にクローザーのストリックランドが逆転3ランを被弾し、メジャー初勝利はまたもお預けとなった。だが、スコット・サービス監督は試合後に「素晴らしい投球だった」と称えている。

米国初登板を果たしたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
米国初登板を果たしたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

強力打線を相手に6回4安打2失点の好投、サービス監督「本当に良かった」

■Rソックス 7-6 マリナーズ(日本時間30日・シアトル)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 マリナーズの菊池雄星投手が29日(日本時間30日)、本拠地&米国デビュー戦で昨季世界一のレッドソックス相手に6回4安打3失点(自責2)5奪三振無四球と好投。強力打線を抑えて試合を作ったものの、9回にクローザーのストリックランドが逆転3ランを被弾し、メジャー初勝利はまたもお預けとなった。だが、スコット・サービス監督は試合後に「素晴らしい投球だった」と称えている。

 2回先頭の4番ボガーツにソロを浴びながら、3、4回は3者凡退に抑えた菊池。5点リードの5回は失策と不運なヒットでピンチを招き、ブラッドリーの遊ゴロ併殺打の間に1失点。6回は強打者マルティネスに直球をセンターに運ばれ、この日2被弾目で3失点となったが、味方の援護にも守られ勝利投手の権利を持って降板した。カーブは効果的で、直球で空振りを奪ったり、押し込む場面もあるなど、確かな手応えを感じる一戦だった。

 9回にクローザーのストリックランドが痛恨の逆転3ランを浴びたため、4回2/3で降板した21日のアスレチックス戦(東京ドーム)に続いてメジャー初勝利に届かず。だが、自身メジャー初のクオリティー・スタート(QS、6回以上を自責3以下)。86球を投げてストライク55球、無四球と先発としての役割を果たし、2試合で防御率は2.53とした。

 試合後、サービス監督は「ユウセイは今夜素晴らしい投球をしていた。本当に良かった。日本(での開幕シリーズ第2戦)で投げた時より更に少しだけ良かったかな。非常にうまく(持ち球を)投げていた」と評価。そして、「カーブはいつも通り有効的だったし、スライダーも前回日本で投げた時より良かったと思う。直球にも伸びがあった。全ての彼の球種も使っていた。今夜の彼の登板に満足している。素晴らしい投球だった」と絶賛した。

 マウンドに上がるたびに、首脳陣や同僚からの信頼は厚くなっている。

(木崎英夫 / Hideo Kizaki)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」