野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・柳田が1号満塁弾 お立ち台で左腕ねぎらう「川ちゃんと一緒がうれしい」

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が30日の西武戦の4回裏、今季1号の逆転の満塁本塁打を放った。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

打撃の感触は率直に「やっぱ満塁ホームランはでかいっす」

■ソフトバンク 6-5 西武(30日・ヤフオクドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が30日の西武戦の4回裏、今季1号の逆転の満塁本塁打を放った。

 3点を追う展開でソフトバンク打線は西武の先発・今井達也投手を攻めて、2死満塁とすると、2番の今宮健太内野手が粘って押し出し四球。2点差に迫った後、柳田が今井の初球のスライダーを見事に振り抜いた。

 打てたことを素直に「やっぱ満塁ホームランはでかいっす」と表現した柳田。セオリーどおりの四球の後の初球や、第2打席までにタイミングを狂わされたスライダーを「狙っていたわけではない」という。
 
「ただ、そこまで力が入って間が取れてなかったんで、力を抜いたら間ができた感じ。まったく狙うとかないです。自分の間で自分のスイングをすることだけ」と話した。

 今季初となるお立ち台は、先日支配下復帰を果たしたばかりの川原弘之投手とともに上がった。「川ちゃんと一緒だったことがうれしいです」と、苦労を重ねてきた左腕をねぎらうように語っていた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」