野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武今井、逆転満弾を浴びた柳田への失投悔やむ 「中途半端になってしまった」

西武の今井達也投手が30日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に先発し、柳田に満塁弾を浴びるなど5回途中6失点で降板。高卒3年目で初めて開幕ローテをつかんだ右腕はシーズンの初戦を白星で飾ることはできなかった。

ソフトバンク・柳田に満塁弾を被弾した西武・今井達也【画像:(C)PLM】
ソフトバンク・柳田に満塁弾を被弾した西武・今井達也【画像:(C)PLM】

4回2死満塁の場面で柳田に初球のスライダーを右翼席へ運ばれる

■ソフトバンク 6-5 西武(30日・ヤフオクドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 西武の今井達也投手が30日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に先発し、柳田に満塁弾を浴びるなど5回途中6失点で降板。高卒3年目で初めて開幕ローテをつかんだ右腕はシーズンの初戦を白星で飾ることはできなかった。

 敵地ヤフオクドームの天を仰いだ。3点リードで迎えた4回、すでに球数は90球を超えていた。2死満塁から今宮に押し出しの四球を与えると、続く柳田に投じた初球のスライダーを軽々とライトスタンドに運ばれ逆転を許すグランドスラム。

 悔いの残る失投に今井は「カウントを取りに行くのか、空振りを取りに行くのか。自分の中で曖昧な感じで、中途半端になってしまった」と悔やんだ。

 この日は自己最速を1キロ更新した154キロの力のあるストレートを軸に、決め球のスライダーも冴え渡っていた。6つ奪った三振のうち4つはスライダーだった。「追い込んで、有利なカウントではある程度低めにいったボールもあった」とスライダーに手応えも感じた一方で、「バッターへの初球だったり、カウントを取るケースでは抜け球が多かった。カウントを取るという意識が強いのか、腕の振りが緩かったのかな」と課題も口にした。

 今宮に与えた押し出し四球にも課題を残した。2試合で5安打を放っている好調の今宮に対し150キロを超えるストレートを続けて投じたが、8球目が低めに外れ押し出しとなった。

 今井は「真っすぐをあれだけ続けたが、押すところは押して引くところは引く。そのかわすタイミングを自分の中で“ここだ”というのがなかった。最後スライダーでかわすピッチングをする余裕があったら、もう少しいい結果に繋がったんじゃないか」と話し、「まだシーズン始まったばかり。切り替えて今日の失敗を二度繰り返さないように」とリベンジを誓っていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」