野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大“4度目の正直”で開幕戦初勝利 過去10人の日本人投手が挑戦した舞台

田中将大“4度目の正直”で開幕戦初勝利 過去10人の日本人投手が挑戦した舞台

28日(日本時間29日)のMLB開幕戦で、ヤンキースの田中将大が開幕投手としてマウンドに立ち、勝利を挙げた。日本人投手のMLB開幕投手は、これが10回目。過去のマウンドを振り返ろう。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

野茂英雄氏が過去3度 2003年には唯一の完封勝利も記録

 28日(日本時間29日)のMLB開幕戦で、ヤンキースの田中将大が開幕投手としてマウンドに立ち、勝利を挙げた。日本人投手のMLB開幕投手は、これが10回目。過去のマウンドを振り返ろう。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

1.野茂英雄(タイガース) 2000年4月3日・アスレチックス戦
〇7回、3被安打3被本塁打8奪三振3与四球 自責点3

 敵地ネットワークアソシエイツコロセウムでの開幕戦。ブリュワーズからタイガースに移籍した、野茂が日本人初の開幕投手に。3被本塁打を打たれたもののチームは7-4で勝ち、開幕戦勝利。野茂がMLBに挑戦して6年目、31歳の時だった。

2.野茂英雄(ドジャース) 2003年3月31日・ダイヤモンドバックス戦
〇9回4被安打0被本塁打7奪三振1与四球 自責点0

 デビュー時のチーム、ドジャースに復帰して2年目。敵地バンクワンボールパークで開幕投手となり、ダイヤモンドバックスを見事完封。8-0で勝利した。開幕戦完封勝利は日本人ではこの一例のみ。

3.野茂英雄(ドジャース) 2004年4月5日・パドレス戦
●5回7被安打2被本塁打1奪三振2与四球 自責点7

 本拠地ドジャースタジアムで、2年連続の開幕投手となったが、フィル・ネイビン、ジェイ・ペイトンに本塁打を打たれるなど自責点7で敗戦投手に。35歳の野茂はこのシーズン4勝11敗に終わり、オフにFAとなり、翌年6月にレイズと契約するまで浪人生活を送った。

4.松坂大輔(レッドソックス)2008年3月25日・アスレチックス戦
5回2被安打1被本塁打6奪三振5与四球 自責点2(勝敗つかず)

 東京ドームでの凱旋試合。前年、15勝を挙げた松坂が開幕投手となる。立ち上がり2点を失う。被安打は2だったが5与四球と乱調。0-2の5回でマウンドを降りたが6回に味方が逆転。レッドソックスの5人目でマウンドに上がった岡島秀樹が勝ち投手となった。

5.黒田博樹(ドジャース) 2009年4月6日・パドレス戦
〇5回2/3、4被安打0被本塁打2奪三振1与四球 自責点1

 敵地ペトコパークでの開幕戦、2年目の黒田は立ち上がり1失点するが、以後は無失点。6回途中1失点の好投でマウンドを降りた。味方がリードを守り、4-1で勝利した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」