野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

打率6割、絶好調ホークス今宮の“曲芸打ち”が凄い 両足が宙に浮きながら右前打

ソフトバンクの今宮健太内野手が30日、開幕2戦目となった西武戦で両足が宙に浮く“曲芸打ち”を披露した。

ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

開幕2戦で8打数5安打の打率.625と絶好調の今宮

■ソフトバンク 6-5 西武(30日・ヤフオクドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクの今宮健太内野手が30日、開幕2戦目となった西武戦で両足が宙に浮く“曲芸打ち”を披露した。

 初回の先頭・牧原が二塁打で出塁すると、続く今宮は驚きの打法でチャンスメークした。西武今井が投じた内角スライダーに一瞬、体が引いたがジャンプしながら強引にスイング。打球は右翼へポトリと落ちるテキサスヒットとなり無死一、三塁と好機を広げた。

 その後、ホークスは1死満塁からグラシアルの三ゴロの間に1点を先制した。今宮はこの日、3打数2安打1打点と活躍、前日の開幕戦でも5打数3安打を放つなど打率.625と最高のスタートを切った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」