野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュ、2回も3者連続四球で自己最多タイ6四球 1点献上も何とか粘投 

カブスのダルビッシュ有投手が30日(日本時間31日)、敵地でのレンジャーズ戦で今季初先発マウンドに上がった。初回に続き2回も3者連続四球を与えるなど制球が冴えず。2イニングで60球を投げたが、なんとか1失点で粘っている。

レンジャーズ戦で今季初先発しているカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
レンジャーズ戦で今季初先発しているカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

2イニングで60球を要するも最少失点でリード守る

■レンジャーズ – カブス(日本時間31日・アーリントン)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 カブスのダルビッシュ有投手が30日(日本時間31日)、敵地でのレンジャーズ戦で今季初先発マウンドに上がった。初回に続き2回も3者連続四球を与えるなど制球が冴えず。2イニングで60球を投げたが、なんとか1失点で粘っている。

 初回は2死から3者連続四球を与えながら何とか無失点。だが、2回に先頭グズマンに四球を与えると、続くカイナー・ファレファにも四球を与える。次打者デシールズの打席で二塁走者が飛び出し、アウトを奪ったが、デシールズは結局四球で3者連続。2死一、二塁からオドールに右前にタイムリーを運ばれ、1点を返されたが、なんとか最少失点で食い止めた。

 1試合6四球は自己最多タイ。2イニングで60球を要する苦しい投球が続いているが、なんとか粘投している。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」