野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・柳田、逆転弾の次はスーパープレー 左中間への大飛球に猛ダッシュ→好捕!

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、驚愕のスーパープレーでチームを救った。31日、ヤフオクドームで行われた西武戦。自身の逆転2ランで試合をひっくり返すと、その直後の7回には左中間へ飛んだ大飛球を見事なランニングキャッチ。抜ければ、同点の一打をアウトにした。

6回1死一塁では左中間席へ連日の逆転弾「自分の良いスイングができました」

■ソフトバンク – 西武(31日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、驚愕のスーパープレーでチームを救った。31日、ヤフオクドームで行われた西武戦。自身の逆転2ランで試合をひっくり返すと、その直後の7回には左中間へ飛んだ大飛球を見事なランニングキャッチ。抜ければ、同点の一打をアウトにした。

 1点ビハインドの6回1死一塁で、高橋光の初球を捉えて左中間への逆転2ランを放った柳田。「打ったのはストレートです。初球でしたが、しっかり自分の良いスイングが出来ました。礼(高橋)も良いピッチングをしていたので、逆転出来て良かった」。2日連続の逆転弾で勢いに乗ったのか、守備でもスーパープレーが飛び出した。

 直後の7回。モイネロが2死から木村に右前安打を許して出塁を許す。続く金子侑が放った打球は左中間の真ん中を襲う痛烈な大飛球になった。やや浅めに守備位置をとっていた柳田は全速力で左中間へダッシュ。持ち前の走力でみるみる加速すると、最後は左腕を目一杯伸ばして間一髪のところでキャッチした。

 2死だったため、走者は打った瞬間にスタートを切っており、抜けていれば、同点となっていたところ。バットで試合をひっくり返した主砲は、守備でもチームを救う大ファインプレーを見せた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」