野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・高橋礼が“5度目の正直”でプロ初勝利「自分の投球ができた」

ソフトバンクの高橋礼投手が、プロ初勝利をマークした。31日、ヤフオクドームで行われた西武戦。今季初先発のマウンドに上がったサブマリン右腕は6回4安打1失点と好投し、プロ2年目、シーズン、CS合わせて5度目の先発でついに初白星を掴んだ。

ソフトバンク・高橋礼【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・高橋礼【写真:藤浦一都】

6回を投げて4安打1失点の好投

■ソフトバンク 3-1 西武(31日・ヤフオクドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクの高橋礼投手が、プロ初勝利をマークした。31日、ヤフオクドームで行われた西武戦。今季初先発のマウンドに上がったサブマリン右腕は6回4安打1失点と好投し、プロ2年目、シーズン、CS合わせて5度目の先発でついに初白星を掴んだ。

 緩急を有効に使い、西武打線を打ち取っていった高橋礼。5回に中村にソロ本塁打を許して先制点を奪われたが、失点はこれだけ。6回に柳田の2ランで味方が逆転に成功して勝利投手の権利を得てマウンドを降りた。7回以降はモイネロ、嘉弥真、甲斐野、森がリードを守り抜いた。

 ようやく掴んだプロ初勝利。昨季はペナントレース3試合、クライマックスシリーズ1試合に先発しており、これが5度目の先発だった。プロ0勝で侍ジャパンにも選出されていた右腕は、試合後にはヒーローインタビューのお立ち台に上がり「去年4イニングでマウンド降りてお立ち台に上がって、恥ずかしかった。初勝利できてお立ち台にできて嬉しいです。緩急使えましたし、ランナー出しても慌てず自分の投球できて良かったと思います」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」