野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト、高梨の好投で今季初勝利! 阪神西は援護なく黒星スタート

ヤクルトは31日、京セラドームで行われた阪神戦を2-1で勝利し今季初勝利を挙げた。初回にバレンティン、雄平の連続タイムリーで先制すると、投げては日本ハムから移籍した高梨が6回1失点の好投で移籍後初登板初勝利を挙げた。

初回にバレンティン、雄平の連続タイムリーで2点を先制

■ヤクルト 2-1 阪神(31日・京セラドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ヤクルト戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ヤクルトは31日、京セラドームで行われた阪神戦を2-1で勝利し今季初勝利を挙げた。初回にバレンティン、雄平の連続タイムリーで先制すると、投げては日本ハムから移籍した高梨が6回1失点の好投で移籍後初登板初勝利を挙げた。

 ヤクルトは初回に2死一塁からバレンティンが中越えにタイムリー二塁打を放つと、続く雄平も適時二塁打と続く幸先よく2点を奪った。その後は阪神の先発・西を打ち崩すことができなかったが、日本ハムからトレードで移籍した先発の高梨が踏ん張った。

 4回に大山に犠飛を浴び1点を失ったが、打たせて取る投球で6回3安打1失点の好投。7回は梅野、8回を近藤、9回は守護神・石山が無失点で切り抜け接戦をものにした。

 阪神は移籍後初登板となった西が7回4安打2失点の好投を見せたが打線の援護なく初黒星を喫した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」