野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武高橋光、7回3失点も2被弾を悔やむ 「もっと厳しいところに行かないと」

西武の高橋光成投手が31日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に先発。7回6安打3失点の好投を見せたが味方の援護なく今季初黒星を喫した。

西武・高橋光成【写真:安藤かなみ】
西武・高橋光成【写真:安藤かなみ】

1点リードの6回に痛恨の逆転2ランを浴びる

■ソフトバンク 3-1 西武(31日・ヤフオクドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 西武の高橋光成投手が31日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に先発。7回6安打3失点の好投を見せたが味方の援護なく今季初黒星を喫した。

 1点リードで迎えた6回、ここまで好調の今宮にすっぽ抜けのスライダーで死球を与えると、続く柳田に2試合連続のホームランを浴び逆転を許した。7回にも上林にソロホームランを献上するなど一発攻勢で勝負を決められた。

 試合をひっくり返された柳田の一発について高橋光は「厳しく行かないといけない場面だったが、シュートして真ん中に入ってしまった。いいバッターに対してもっと厳しいところに行かないといけないと痛感した」と悔やんだ。

 オフにはウエイトトレなどで増量しパワーアップ。さらに二段モーションを取り入れることで190センチの高身長から投げおろす直球にも力が増した。ソフトバンク打線に真っ向勝負で立ち向かい7回3失点と試合を作ったが勝負所で浴びた一発は大きかった。

 辻監督はこの日の高橋光のピッチングについて「よく粘っていた。柳田のホームランは打った方もすごい」と敵ながら脱帽。一方で「(3点目の)上林のホームランはバッテリーで大いに反省してほしい。1点差なら大いにチャンスがあった。あの3点目は痛かった」と勝敗の分かれ目となってしまった一球に注文をつけていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」