野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス高橋礼、6回1失点でプロ初勝利、3連勝に貢献 「CSの方が緊張しました」

ソフトバンクの高橋礼投手が31日、本拠地での西武戦に先発。6回4安打1失点の好投でうれしいプロ初勝利を挙げた。

ソフトバンク・高橋礼【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・高橋礼【写真:藤浦一都】

工藤監督も「緩急をうまく使えるようになった」と評価

■ソフトバンク 3-1 西武(31日・ヤフオクドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクの高橋礼投手が31日、本拠地での西武戦に先発。6回4安打1失点の好投でうれしいプロ初勝利を挙げた。

 2年目のサブマリン右腕は、5回に中村剛也内野手にソロ本塁打を浴びて先制を許すも、6回までその1点に抑えきった。柳田悠岐外野手の強烈な援護弾が飛び出したのはその直後だ。

 今シーズン初登板も「(去年の)CSの方が緊張しました。今日は長いシーズンの1試合と考えて気負わずに投げることができました」と、平常心を貫いた。その中で「シンカーをうまく使えた」と納得のピッチングを披露。そのシンカーとスライダーを力のある真っすぐを組み合わせながら西武打線を6回4安打に抑えた。

 工藤公康監督も「緩急をうまく使えるようになった」と2年目の成長を認める。高橋礼は「自信があるまっすぐを、より自信を持って投げるための変化球」と話す。

 プロ初勝利にも「やることをやっていれば勝ちはついてくると思っていました。1つずつ積み重ねていくだけです」と決して浮かれることはない。「勝ちがつくかつかないかよりも、次につながるピッチングができたこと」が何よりの収穫だったようだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」