野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 習志野が選抜では初、東邦は30年ぶりに決勝進出…選抜10日目

習志野が選抜では初、東邦は30年ぶりに決勝進出…選抜10日目

第91回選抜高校野球は2日、兵庫・西宮市の阪神甲子園球場で大会10日目、準決勝2試合が行われ、習志野(千葉)と東邦(愛知)が決勝進出を決めた。習志野は選抜では初、東邦は優勝した1989年以来、30年ぶりの決勝進出となった。

習志野と東邦が決勝進出を決めた
習志野と東邦が決勝進出を決めた

習志野は明豊に逆転勝ち、東邦は明石商との投手戦制す

 第91回選抜高校野球は2日、兵庫・西宮市の阪神甲子園球場で大会10日目、準決勝2試合が行われ、習志野(千葉)と東邦(愛知)が決勝進出を決めた。習志野は選抜では初、東邦は優勝した1989年以来、30年ぶりの決勝進出となった。

○習志野(千葉) 6-4 明豊(大分)

 初回に明豊の表に先頭打者弾を浴びるなど、3点のビハインドを背負った習志野だったが、3回2死一、三塁でダブルスチールを仕掛けて1点を返すと、桜井の適時打で1点差に迫った。7回に小沢の中前適時打で同点に追いつくと、8回に先頭打者の桜井がソロ本塁打を放って勝ち越しに成功。さらに兼子の適時打や、相手のワイルドピッチなどで2点を加えてリードを広げて初の決勝進出を決めた。

○東邦(愛知) 4-2 明石商(兵庫)

 東邦の石川、明石商の中森の両エースが息詰まる投手戦を展開した一戦。均衡を破ったのは東邦だった。熊田の四球、河合の死球で2死一、二塁のチャンスを作ると、7番の吉納が左中間スタンドへの3ランを放って3点を先制した。明石商は8回に4番の安藤が2ランを放ち1点差に迫ったが、その裏に守備のミスから東邦に追加点を奪われリードを広げられた。東邦は“平成最初”の優勝校となった1989年以来の決勝進出。“平成最後”の優勝をかけて習志野と戦う。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」