野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・和田、319日ぶり実戦は2回無失点「肩のことを忘れて腕を振れて嬉しかった」

ソフトバンクの和田毅投手が3日、タマスタ筑後で行われたウエスタンリーグ・オリックス戦で319日ぶりに実戦に復帰した。先発マウンドに上がり、2イニングを投げて無安打無失点に抑え「バッターに集中して投げて、肩のことを忘れて腕を振れたことが1番嬉しかった」と振り返った。

2軍戦で実戦復帰登板を果たしたソフトバンク・和田毅【写真:福谷佑介】
2軍戦で実戦復帰登板を果たしたソフトバンク・和田毅【写真:福谷佑介】

昨年5月19日にウエスタンリーグ広島戦以来の実戦登板

 ソフトバンクの和田毅投手が3日、タマスタ筑後で行われたウエスタンリーグ・オリックス戦で319日ぶりに実戦に復帰した。先発マウンドに上がり、2イニングを投げて無安打無失点に抑え「バッターに集中して投げて、肩のことを忘れて腕を振れたことが1番嬉しかった」と振り返った。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 初回先頭の山足を1球で遊ゴロに打ち取り、まず1アウト。続く中川も初球の125キロを打たせて三ゴロに打ち取り、わずか2球で2アウトに。白崎への5球目にこの日最速の140キロをマークすると、2ボール2ストライクから6球目で空振り三振に仕留めて3者凡退に切って取った。

 2イニング目は先頭の杉本を134キロで空振り三振。続く西村を135キロで中飛に打ち取ると、根本には四球を与えたものの、最後は武田を右飛に打ち取った。2回を投げて無安打無失点。28球を投げて2つの三振を奪った。「まだ納得がいくものは少ない」と言うが、久々の実戦マウンドに「2019年のスタートを今日切ることが出来たかな」と笑顔を浮かべた。

 和田の実戦登板は2018年5月19日の同リーグ広島戦(由宇)以来、319日ぶり。「ここまで投げられるようになるまで色んな人に協力してもらってリハビリをしてきた。皆さんに感謝したい」とリハビリに励む間に支えてくれた人たちへの感謝を口にしていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」