野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルトが9回サヨナラ勝利 最後は山田が押し出し四球

ヤクルトがDeNAを5-4、9回サヨナラ勝利で下した。

雄平が8回に1号3ランで同点に 救援陣が必死のリレーで逆転劇呼ぶ

■ヤクルト 5-4 DeNA(3日・神宮)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ヤクルトがDeNAを5-4、9回サヨナラ勝利で下した。

 ヤクルトは3点を追う8回、好調の青木がDeNAのパットンからこの日、2本目となる安打を右前に放つと、山田が左翼線二塁打で続いた。バレンティンは三振に倒れたが、続く雄平がヤクルトファンの待つ右翼席へ今季1号の豪快3ランを叩き込み同点とした。

 9回、先頭の途中出場の大引がDeNA・三上から中前安打で出塁、送りバントと四球などで1死満塁とすると、最後は山田が押し出し四球で得点が入った。

 ヤクルトは先発の高卒4年目左腕の高橋が4回途中KOされたが、マクガフ、大下、五十嵐、石山のリリーフ陣がその後、無失点に抑えたのが大きかった。

 DeNAは昨季本塁打王のソトに今季1号が生まれた。先発の濱口が6回1失点と好投したが、救援陣が打たれてしまった。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」