野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • マ軍サービス監督が菊池雄星の対応力を絶賛「状態にキレはなかったが何とか…」

マ軍サービス監督が菊池雄星の対応力を絶賛「状態にキレはなかったが何とか…」

5日(日本時間6日)の敵地ホワイトソックス戦で今季3度目の先発マウンドに上がったマリナーズ菊池雄星投手。序盤に6失点しながらも5回まで粘投し、勝利投手の権利を持って降板した。救援が崩れ、惜しくもメジャー初勝利を逃した左腕について、スコット・サービス監督は「これまで2試合ほど状態にキレはなかったが、何とか踏みとどまり、素晴らしい仕事をした」と称えた。

敵地ホワイトソックス戦で先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
敵地ホワイトソックス戦で先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

初回に味方が拙守、指揮官「序盤の守備が1回(3失点)の大きな原因」

■ホワイトソックス 10-8 マリナーズ(日本時間6日・シカゴ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 菊池雄星を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 5日(日本時間6日)の敵地ホワイトソックス戦で今季3度目の先発マウンドに上がったマリナーズ菊池雄星投手。序盤に6失点しながらも5回まで粘投し、勝利投手の権利を持って降板した。救援が崩れ、惜しくもメジャー初勝利を逃した左腕について、スコット・サービス監督は「これまで2試合ほど状態にキレはなかったが、何とか踏みとどまり、素晴らしい仕事をした」と称えた。

 初回にサンタナが先制ソロを放ち、菊池に追い風を吹かせた。だが、直後に遊撃ベッカムが1イニングに3失策。リズムが狂った菊池は3点を失った。指揮官は「序盤の守備が1回(3失点)の大きな原因になった」と不運を認め、「3失点した上に、絶好調ではなかったのに、最終的な結果は彼にとって非常にポジティブなものとなった」と前向きだった。

 2回にも3点を失ったが、3回以降の3イニングは1安打無失点。サービス監督は「正直なところ、5回がベストイニングだったと思う」と振り返ったが、「球数を考えて5回で降板させた」と明かした。

 苦しい投球の中にも、次に繋がる内容で締めた左腕。次回こそはメジャー初勝利を飾りたい。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」