野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【長谷川滋の目】「甲子園を目指さない学校」の必要性 日本の育成システムに警鐘

第91回選抜高校野球大会は東邦(愛知)が平成最後の優勝を飾り幕を閉じた。昨年12月は新潟県高校野球連盟が「球数制限」を導入する(春からの導入は見送り)動きを見せるなど、未来の野球界に向けた動きが徐々にだが動き始めている。オリックス、マリナーズ、エンゼルスで日米通算102勝をマークした長谷川滋利氏は「まだまだ」と警鐘を鳴らし、早期の改善を求めている。

日米で活躍した長谷川滋利氏が日本の育成システムに警鐘
日米で活躍した長谷川滋利氏が日本の育成システムに警鐘

16、17歳の成長過程の中で、人生で1番球数を投げることに疑問

 第91回選抜高校野球大会は東邦(愛知)が平成最後の優勝を飾り幕を閉じた。昨年12月は新潟県高校野球連盟が「球数制限」を導入する(春からの導入は見送り)動きを見せるなど、未来の野球界に向けた動きが徐々にだが動き始めている。オリックス、マリナーズ、エンゼルスで日米通算102勝をマークした長谷川滋利氏は「まだまだ」と警鐘を鳴らし、早期の改善を求めている。

――――――――――

 今年の選抜高校野球大会は継投するチームが多いように見られましたが、これがいい方向に向かっているかと言われれば私は「まだまだ」と答えるでしょう。継投策に出た高校の中でも投手を守るためでなく「勝つため」の継投が多かったように思えます。選手のリスクを考えているようには見えなかったですね。

 これまで何度も言ってきましたが16歳、17歳の子供が100球を超え、さらには1週間の中で何度も連投する。これを異常だと考えていない人が多すぎますね。本来なら20台中盤でピークを迎えるはずの選手たちが、なぜ成長過程である10台後半で人生の中で一番ボールを投げるのか? 故障のリスクが一番高い時期にそれだけの球数を投げるのは考えられません。

 はっきり言って日本の育成システムはおかしすぎる。年齢に応じた球数、登板間隔などケガに対するリスクは科学的にも証明されている。高校生なら週に1度、多くても80球が大体の目安です。昔からの流れで「根性論」などは今も尚、根強く残っている。「球数制限」の話をすれば批判的な意見も多くでるのが現状ですよね。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」