野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「自分がビッグ4と呼ばれるのは…」―星稜・奥川を成長させる“謙虚”な姿勢

「本当に情けないです」 U18日本代表候補国際大会研修合宿2日目。すべての練習を終え、テレビの共同インタビューから戻ってきた奥川恭伸(星稜)が第一声で発した言葉だ。

U18研修合宿に参加した星稜・奥川恭伸(左)、智弁和歌山・東妻純平【写真:沢井史】
U18研修合宿に参加した星稜・奥川恭伸(左)、智弁和歌山・東妻純平【写真:沢井史】

大船渡の佐々木朗希は163キロマーク…「あんなすごい投手と並べられるのは恥ずかしい」

「本当に情けないです」

元侍ジャパンU-18代表監督の小枝守氏が示した、育成世代が世界一に立つための手がかり(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 U18日本代表候補国際大会研修合宿2日目。すべての練習を終え、テレビの共同インタビューから戻ってきた奥川恭伸(星稜)が第一声で発した言葉だ。

 この日行われた実戦形式の練習。内容はほぼ紅白戦だったが、回によってランナーを置くなど様々なケースを想定した試合形式の第一戦に、1番手でマウンドに立った。だが、紅林弘太郎(駿河総合)に左越え二塁打を許すと、続く黒川史陽(智弁和歌山)に中前適時打を浴びて1失点。3回を投げ、打たれたのはこの2本のヒットのみ。この日最速の143キロのストレートは決してキレを失っていた訳ではない。それでも体の状態はベストからは程遠く、本人の表情は最後まで冴えなかった。

 選抜では初戦の履正社戦で最速151キロのストレートに、130キロ台後半のフォーク、スライダーなど多彩な変化球を変幻自在に操り、履正社の強力打線から17個の三振を奪い完封勝利。あまりの衝撃的なピッチングに、大会初日の試合にも関わらず「大会ナンバーワンは間違いない」「ドラフト1位競合レベル」と賛辞の言葉が飛び交った。

 だが、中4日で迎えた2回戦の習志野戦では、初戦で見せた躍動感は影を潜め、本来はキレ味のあるスライダーも今ひとつ。9回には昨秋の県大会以来の被弾もあり、1-3で敗れた。帰郷後は練習試合のマウンドに立つことはなく体の状態を見ながら調整を続け、この合宿での打者を相手にした“登板”は、習志野戦以来だった。

 実戦形式の第2戦で先発した佐々木朗希(大船渡)が高校生最速の163キロを叩き出したこともあり、報道陣からは佐々木に関する質問が飛び交った。佐々木は2回を投げ6奪三振。全国レベルの強打者を相手にバットに当てるのが精いっぱいのストレート、変化球の精度の高さ……どれを取っても完璧だった。「自分にはあんな球は投げられない。自分があんなすごい投手と(ビッグ4と)並べられるのは恥ずかしい」と奥川は佐々木と自分を比べた。そして、実戦形式の練習で好投した最速148キロ左腕・宮城大弥(興南)を見つめ「自分がビッグ4と呼ばれるのは……。もう、(ビック4を)降ります。宮城君の方がすごいですよ」と話していた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」