野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンク工藤監督、先制打の上林を称賛 「期待は120%あります」

ソフトバンクは日本ハムを5-3で下して、今カードを1勝1敗1分の五分とした。先発の武田翔太投手は6回2/3を2失点で自身2連勝。4回には7番、8番、9番の下位打線が3連続適時打で5点を奪うなど、打線もつながった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

5回の大量得点に「上林くんが還してくれたのが大きかった」

■ソフトバンク 5-2 日本ハム(11日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは日本ハムを5-3で下して、今カードを1勝1敗1分の五分とした。先発の武田翔太投手は6回2/3を2失点で自身2連勝。4回には7番、8番、9番の下位打線が3連続適時打で5点を奪うなど、打線もつながった。

 ソフトバンクは4回に鮮やかな攻撃を見せた。2死満塁から上林誠知外野手が先制の2点タイムリーを放つと、打撃不振に苦しんでいた甲斐拓也捕手も右中間への2点タイムリー二塁打。さらに釜元豪外野手もプロ初のタイムリー三塁打で5点を奪った。

 試合後、工藤公康監督は「上林くんが還してくれたのが大きかったですね。その後もつながって、本人たちもホッとしていると思います。打撃コーチが狙い球を指示してくれてそれを逃さずに打ってくれた」と先制打の上林を称えた。

 上林は続く第3打席でもヒットを放ちマルチ安打を記録し指揮官は「(復調は)少しずつだと思いますが、複数安打が出たことは明日にもつながると思います」とホッとした表情。そのうえで「期待は120%あります」と言ってほほ笑んだ。

 また、この日1軍に昇格した美間優槻内野手を8回に代打で起用。美間はホークス移籍後初打席でライト線への二塁打を放った。「良かったですね。2軍でも結果が出ているし、今日のアーリー(ワーク)でも球が飛んでいてスイングもシャープだったので、何とか打席に立たせてあげたいと思っていました」と、いきなりの結果を出してくれたことを素直に喜んでいた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」