野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ井口監督、守護神・益田をかばう 「ずっと頑張っていたので、しょうがない」

ロッテは11日、ZOZOマリンスタジアムでオリックスと対戦し、1-2で敗れた。井口監督は決勝打を浴びた守護神・益田を「ずっと頑張っていたので、しょうがない」とかばった。

ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】

益田はこの試合まで4試合に登板し2勝1セーブ、無失点だった

■オリックス 2-1 ロッテ(11日・ZOZOマリン)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは11日、ZOZOマリンスタジアムでオリックスと対戦し、1-2で敗れた。井口監督は決勝打を浴びた守護神・益田を「ずっと頑張っていたので、しょうがない」とかばった。

 先制したのはロッテ。2回、オリックス先発・山本由伸投手から2つの四球を選び、2死一、二塁の好機を作ると、9番・藤岡が右適時打を放ち、1点を奪った。中5日で先発のマウンドに上がった岩下は6回3安打1失点の好投を見せたが、9回に守護神の益田が連打で勝ち越しを許した。

 試合後、井口監督は決勝点を許した益田について「ずっと頑張っていたので、しょうがない」と、この試合まで4試合に登板し2勝1セーブ、無失点だった守護神をかばった。

 3安打1得点に終わった打線については「いいピッチャーなので、なかなか点は取れなかった。なんとか早い回で先発ピッチャーを下ろしたいというところでしたが、8回まで投げられてしまった。そのあたりじゃないですかね」と、オリックス先発の山本を、序盤に攻略しきれなかったことを敗因に挙げていた。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」