野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ二木、12日日ハム戦で今季2度目先発「前回同様いいピッチングを」

ロッテの二木康太投手が、12日の日本ハム戦(札幌D)に先発する。6日のソフトバンク戦で6回2失点と好投し、今季初勝利を挙げた右腕は11日に、今季2度目の登板を前に意気込みを語った。

ロッテ・二木康太【写真:荒川祐史】
ロッテ・二木康太【写真:荒川祐史】

6日のソフトバンク戦では6回2失点の好投で初勝利

 ロッテの二木康太投手が、12日の日本ハム戦(札幌D)に先発する。6日のソフトバンク戦で6回2失点と好投し、今季初勝利を挙げた右腕は11日に、今季2度目の登板を前に意気込みを語った。

【PR】“2020主役は誰だ?”「キャンプキャラバン」を配信中! プロ野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「ストライクゾーンで勝負ができたことは良かったが、反省点の方が多かった」と、6日の登板を振り返った二木。その反省点について「逆球も多かったですし、もう少しスライダーでストライクが欲しかった」と、制球面での課題を挙げ「追い込んでからのフォークも見られていたので、もっと大胆にまっすぐでインコースに突っ込んだりしても良かったかな」と、攻めの投球への意識を口にした。

 今度の相手は日本ハム。チームとしての昨季の対戦成績は9勝15敗1分、その中で二木は2試合に登板。勝敗こそ1勝1敗だが、敗れた8月31日での登板(5回2/3、7失点)が響き、防御率は5.84となっている。

 今季の日本ハム打線は、現在はチームメイトとなっている右打者のレアードが抜け、「台湾の大王」こと左打者の王柏融が加入。スタメンに左の巧打者がズラリと並ぶことが予想される。「内野安打とか、打ち取ってヒットになったりとか、自分も印象に残っている」と、二木の中にも「日本ハムの左打者」のイメージは強くある。しかし「(内野安打など)そういうのは切り替えて、引きずらないように行きたい」と、各打者との勝負に集中していく構えだ。

 今回、中5日での登板となるが、前回登板後に言い渡され、しっかり照準を合わせて準備を進めてきたという二木。「前回同様、いいピッチングができればと思います」と、難敵相手に気を引き締めていた。

 前日11日には、敗れはしたものの開幕ローテーションを争っていた岩下が6回1失点の好投。開幕前には、年下である岩下や種市と開幕ローテを争うことに「初めてなので、なんか変な感じ」と、不思議な感覚を持っていたという二木が、後輩の活躍に触発され、前回同様の好投を見せるか。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」