野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武・榎田、復帰戦は2回無失点 今季初実戦は2つの三振奪う好投

西武の榎田大樹投手が12日、西武第2球場で行われたイースタンリーグ巨人戦で実戦復帰を果たした。今春のキャンプ中に左肩の違和感で離脱しており、今季初の実戦マウンドとなった。

イースタンリーグ巨人戦で実戦復帰した西武・榎田大樹【写真:安藤かなみ】
イースタンリーグ巨人戦で実戦復帰した西武・榎田大樹【写真:安藤かなみ】

左肩の違和感でキャンプ中に離脱し、実戦は昨秋のCS以来

 西武の榎田大樹投手が12日、西武第2球場で行われたイースタンリーグ巨人戦で実戦復帰を果たした。今春のキャンプ中に左肩の違和感で離脱しており、今季初の実戦マウンドとなった。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

 昨秋のクライマックスシリーズ以来となる実戦マウンドに上がった榎田。8回から登板すると、先頭の加藤を三飛に打ち取り、まず最初のアウトを奪った。代打の石川をインコース低めへのスライダーで空振り三振に仕留めて2死とすると、山下を遊ゴロに打ち取り、この回を3者凡退に切った

 2イニング目となった9回は先頭の重信を左飛に打ち取ると、増田は内角への真っ直ぐで見逃し三振。北村には右前安打を許したものの、最後はこの日本塁打を放っていた和田を一邪飛に打ち取って無失点。今季初の実戦登板は2回1安打無失点、2つの三振を奪う上々の投球内容だった。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」